陶芸家・大江一人 『ロクロ生活』

kazbizen.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こんなかんじに!

b0096440_2053337.jpg
先日焚きました角窯の窯出しです。この間作ったフリーカップはどうなったかな?と…
b0096440_20532566.jpg
出てきました!しかもすべて破損、変形も無くみんな無事に!(98個)
ちょっとびっくり!5、6個くらいは引っ付きとか変形など覚悟していたんですが…
色味も全体的にまずまずでした!写真のはその中でもけっこうキレイな窯変が出ていたものです。光の関係でちょっとピンク色がきつく出ているのですが実際にはキレイな深みのある赤紫色でした!(毎回これくらいのものがたくさん出てくれればいいのですが…希少価値?!)
自然の炎が描く美しさを改めて知らされました!(ちょっと大げさ…でも感激?!笑)
[PR]
by kazbizen | 2006-11-20 20:58 | 作品 | Comments(24)

かつては…

b0096440_2224532.jpg
先日作りましたフリーカップは角窯で焼成することになり無事窯詰めも済み焼成も本日終わり現在冷まし中…(みんな無事に窯から出てきますように!笑)

話は変わりまして今月末からいよいよ登り窯の窯焚き予定です。
かつて(室町時代末期に築窯)備前には幅5m、長さ50m!の大窯があったそうです!(生活ができそうなくらいデカイ…当時こっそり内緒で家にしていた人いないのかな~?笑)焼成に必要な薪は200t!焼成期間は30日から50日といわれていたそうです!う~ん…す、すごい!
今度うちで焚きます登り窯はこれよりはもっと小さいのですがそれでも焼成期間は12日~14日くらい焚き続ける予定です。現在では窯も個人窯になりまして当時の共同窯と比べると小さくなりましたがそれでも登り窯の焼成は大変みたいです。自分もこれから窯詰め作業、焼成といろいろ忙しくなりそうです!
[PR]
by kazbizen | 2006-11-16 22:30 | 窯焚き | Comments(8)

フリーカップその2

b0096440_19585137.jpg先日の窯焚きの時に焼いたフリーカップです。
また変わった焼け色でオレンジとダークブラウンのツートンカラーといったところでしょうか。
写真では裏側になるんですがほんの少し松の灰が気持ち程度にかぶっています。
(一応分類的には胡麻になります)一般的には胡麻のかかっているほうが表側になるんですがオレンジの色味がキレイだったのでこちらを正面にアップしてみました。ちょっと持ち手が少し細すぎたかな…と。
[PR]
by kazbizen | 2006-11-09 20:12 | 作品 | Comments(12)

到着!

b0096440_21333378.jpg先週のことですが窯焚き時の燃料の薪が到着しました。その数1300束!(一束重さ6~8㎏といったところでしょうか)トラックに山積みされたのを男手4人がかりで下ろしそれをキレイに並べて組み上げます。(下ろすのは4人でしたが組み上げるのは2人だったので一苦労!)気になったのが木からここぞとばかりに出てくる虫たち…カマキリ、コオロギ、アリ、干乾びたセミ…などなど…極め付けだったのがカメムシの大群!!「えっ!!なんで群れてるの!」はじめて見ました十数匹のカメムシが群がっているのを…飛んでいってくれたのですが…「むふぉっ!」すごい匂いでした!それから無事薪も組み上げまして(一度崩れてしまった箇所があったんですが下敷きにならなくて良かったと…ふぃ~)無事終了です。
[PR]
by kazbizen | 2006-11-06 21:50 | その他 | Comments(8)
line

陶芸家、大江一人の作陶生活をつづっています。 アパレルの企画を経て、備前焼作家のもとで6年間修行。日本の伝統工芸を生かしたモダンなうつわを作っています。


by kazbizen
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30