陶芸家・大江一人 『ロクロ生活』

kazbizen.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:窯焚き( 10 )

窯焚きも無事終了!

b0096440_21203637.jpg先日より続いていました窯焚きも無事終了しました!
もう4年前のことになりますが備前に来て初めての窯焚き時に炎の流れが分からず左の眉とまつ毛を焦がし、まつ毛が溶けて上下くっついてしまって左目が一瞬開かないという事態に陥りびっくりした事も思い出してしまいました…(苦笑)
2週間弱の間、窯焚き時の炎の熱でその日の窯焚きの番を終えても体が火照りなかなか寝付けず翌日は睡魔との戦いでもありました。
現在は窯が冷めるのを待っていまして今週末はいよいよ窯出し予定でその時を心待ちにしています!
[PR]
by kazbizen | 2010-04-26 21:21 | 窯焚き | Comments(18)

窯焚き開始

b0096440_22231320.jpgこちら備前では、ようやく春らしくなってきたと思ったら、真冬に逆戻り・・・。ものすごく寒い一日になりました。
昨日のニュースで、北海道や東北で吹雪いる映像を見て、さらにびっくりしました…

仕事はといいますと、先日より着々と準備を進めていた登り窯の窯詰めを終わり、無事火が入りました!
作品が良い色合いに無事仕上がってくれるよう、祈るような気持ちでの火入れです!
炎の走らせ方によって作品の焼け色に影響が出てくるので神経を使いながら薪をくべていきます。
これから数日間は炎との格闘が続きます。
[PR]
by kazbizen | 2010-04-15 22:36 | 窯焚き | Comments(14)

広島のアトリエにて

b0096440_19155728.jpg
先日広島のアトリエに出張に行ってきました!天気予報では当日は最低気温-6℃最高気温が-1℃とのことでした。
周りはうっすら雪が…
b0096440_19171521.jpg
アトリエの屋根からは長さ60cm~70cmくらいはありそうな見事な氷柱が!
当日はびっくりするくらいの寒さの中の作業でしたが風邪などひくことなく無事備前に帰還しました!


話は変わりましてお気付きの方もいらっしゃると思いますが先日HPを開設しました!
備前焼を皆様にもっと身近に感じていただく為、当ブログではあまり触れないような備前焼の不思議や魅力などについて記載していきます。↓
『備前焼 炎の足跡』 kazbizen
こちらもよろしければご覧下さい。(随時更新予定です)

そして今年も残すところあと3日!
今年も当ブログへご訪問ありがとうございました!
来年もまたよろしくお願いします!
それでは良いお年を!
[PR]
by kazbizen | 2009-12-28 19:28 | 窯焚き | Comments(16)

窯焚きを

b0096440_1911813.jpg気が付けばもう9月になっていました…
ここ数年なんか月日が流れるのがものすごく早く感じております…(笑)
オリンピックも終わりまして今後の楽しみとしましてはサッカーW杯アジア最終予選の日本代表の試合ですかね~6日(日本時間7日早朝)のバーレーン戦は早起きしてTV観戦せねば…
ただ日本での最終調整で大学生との練習試合で0ー1で敗戦…スポーツニュースの見出しに『大丈夫?岡田ジャパン大学生に寒封負け』なんて書かれていましたけどバーレーン戦は頼むよ~!
そして仕事はといいますとようやく猛暑からは解放されたもののやはりまだ30度超えの毎日が…(汗)その中先日窯詰めしました角窯の窯焚きを!
今日が窯焚き最終日になりまして夜中には上がる予定です。
窯場は少し風が吹き抜けてくれるものの汗だくに…次の窯焚きの時にはもう少し涼しくなってほしいもんです…
[PR]
by kazbizen | 2008-09-03 19:28 | 窯焚き | Comments(16)

窯焚き開始

b0096440_1915197.jpg先日から続いてました登り窯の窯詰めも予定通り無事終了しまして21日には火も入りました!
火入れから約2週間ほど夜通しで窯焚きになります!
自分は前回の登り窯の窯焚き同様『窯焚き師さん』に付き添っていろいろ指導してもらいながらの窯焚きになる予定です。
それにしても窯焚き一筋50年の『窯焚き師さん』…凄いです…「50年か~!」なんて毎度の事ながら感心させられております…
今回もいろいろ吸収せねば…
そんな感じで登り窯の窯焚きスタートです!
[PR]
by kazbizen | 2008-04-25 19:27 | 窯焚き | Comments(20)

気がつけば…

b0096440_1957299.jpg最近はまた暑いですね~!備前でも最近は最高気温が30度近くまでなる事も多くなってきました…
しかも気がつけばもう6月!早いですよね~!
お仕事は先日からせっせとやっております3輪バイク作りを中心に…
そして平行して窯焚きも!
ということで昨日は久々に汗だくになり角窯の窯詰め作業でした。
3輪バイクも今現在完成している分を詰めることに!
3輪バイクのハンドルがとても折れやすいのでかなり神経を使いました。
他にも先日紹介しましたティーポットも入りましてまた楽しみな窯焚きになりそうです!
[PR]
by kazbizen | 2007-06-07 20:07 | 窯焚き | Comments(20)

ひさびさに

b0096440_0395460.jpg本日は(あっ、日付が変わったので昨日か…)広島県の神石郡にありますアトリエに久々に窯詰めに行ってきました!アトリエのあります仙養ヶ原は標高700mくらいのところで広島の北海道と呼ばれているようなところで3月に入ってもムチャクチャ寒かったです!
(夏なんかは気持ちいいんですが…)
ご覧のように雪がうっすらと…
窯詰めも凍えながらの作業でした…
夜まで窯詰めが続いてほんと凍えました!(笑)
(最近は暖かかったのでそろそろ大丈夫だろうということで行ってみたものとんでもなかったです…)まあ今年に入ってはじめての雪を見ることができたと思えばいいのかな…
次はもっと暖かい春になった時に来たいです!
[PR]
by kazbizen | 2007-03-09 00:51 | 窯焚き | Comments(18)

無事終了しました!

b0096440_19492396.jpg
先日から続いていました登り窯の窯焚きも無事に終了しました!温度も順調に上がった事もありまして10日で終える事ができました。これだけ長期間の登りの窯焚きは初めてでいろいろ学ばせてもらった部分も多々ありました!(写真は今回お世話になりました窯焚き師の方です)
自分の作品もいくつか入れていただきましてどんなのが出てくるか楽しみです!
後はゆっくりさまして来週末予定の窯出しが待ちどうしいです!
b0096440_1956360.jpg
そして!今回の窯焚き中に窯の熱さを利用しまして焼きいもをしました!(ちょっとしたお楽しみ?!)
b0096440_19581632.jpg
するとさっそくクンクンと匂いにつられて何やら怪しい物影が…
b0096440_19594133.jpg
「いも発見!」(ハナ用のホクホクのいもを剥いてあげました)
b0096440_2012087.jpg
「遠慮なくいっただきまーす♪」ハナも満足???の窯焚きでした!
[PR]
by kazbizen | 2006-12-02 20:05 | 窯焚き | Comments(16)

かつては…

b0096440_2224532.jpg
先日作りましたフリーカップは角窯で焼成することになり無事窯詰めも済み焼成も本日終わり現在冷まし中…(みんな無事に窯から出てきますように!笑)

話は変わりまして今月末からいよいよ登り窯の窯焚き予定です。
かつて(室町時代末期に築窯)備前には幅5m、長さ50m!の大窯があったそうです!(生活ができそうなくらいデカイ…当時こっそり内緒で家にしていた人いないのかな~?笑)焼成に必要な薪は200t!焼成期間は30日から50日といわれていたそうです!う~ん…す、すごい!
今度うちで焚きます登り窯はこれよりはもっと小さいのですがそれでも焼成期間は12日~14日くらい焚き続ける予定です。現在では窯も個人窯になりまして当時の共同窯と比べると小さくなりましたがそれでも登り窯の焼成は大変みたいです。自分もこれから窯詰め作業、焼成といろいろ忙しくなりそうです!
[PR]
by kazbizen | 2006-11-16 22:30 | 窯焚き | Comments(8)

汗だくで窯焚き…

b0096440_17321484.jpg
先日窯詰めをしました広島の神石郡のアトリエの窯焚きも今朝方終了しました。
(いい色味がでているといいなー)
薪くべもなれてきたのですが、その慣れてきた時に落とし穴はあるものです…
右腕に軽い火傷を負ってしまいました…(たいしたことはないんですが気をつけないと!)
広島のアトリエは山の中にありまして夜は夏でも少しひんやりするくらいなんですが窯焚きで薪をくべればその涼しさは関係なく汗だくです…(当たり前か…)そして今でも愛知の窯業訓練校時の作業着大活躍中です!
b0096440_17424870.jpg
薪のくべ口です。薪をくべた時のパチパチというあの音がなんか好きです。「窯焚きも慣れてくると薪をくべた時の薪の燃える音や炎の色味などで窯内の状況がある程度分かってくる」と言われました。今はまだまだ分からないのですがそのうちいろいろと判断できるように窯焚きもがんばらねば!
[PR]
by kazbizen | 2006-07-29 17:56 | 窯焚き | Comments(4)
line

陶芸家、大江一人の作陶生活をつづっています。 アパレルの企画を経て、備前焼作家のもとで6年間修行。日本の伝統工芸を生かしたモダンなうつわを作っています。


by kazbizen
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31