陶芸家・大江一人 『ロクロ生活』

kazbizen.exblog.jp ブログトップ

2006年 11月 16日 ( 1 )

かつては…

b0096440_2224532.jpg
先日作りましたフリーカップは角窯で焼成することになり無事窯詰めも済み焼成も本日終わり現在冷まし中…(みんな無事に窯から出てきますように!笑)

話は変わりまして今月末からいよいよ登り窯の窯焚き予定です。
かつて(室町時代末期に築窯)備前には幅5m、長さ50m!の大窯があったそうです!(生活ができそうなくらいデカイ…当時こっそり内緒で家にしていた人いないのかな~?笑)焼成に必要な薪は200t!焼成期間は30日から50日といわれていたそうです!う~ん…す、すごい!
今度うちで焚きます登り窯はこれよりはもっと小さいのですがそれでも焼成期間は12日~14日くらい焚き続ける予定です。現在では窯も個人窯になりまして当時の共同窯と比べると小さくなりましたがそれでも登り窯の焼成は大変みたいです。自分もこれから窯詰め作業、焼成といろいろ忙しくなりそうです!
[PR]
by kazbizen | 2006-11-16 22:30 | 窯焚き | Comments(8)
line

陶芸家、大江一人の作陶生活をつづっています。 アパレルの企画を経て、備前焼作家のもとで6年間修行。日本の伝統工芸を生かしたモダンなうつわを作っています。


by kazbizen
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30