陶芸家・大江一人 『ロクロ生活』

kazbizen.exblog.jp ブログトップ

大物チャレンジ…

b0096440_20212050.jpg紅葉シーズン真っ只中!と思いきや…一週間くらい前ですかね~?!
寒気の影響で北海道より西日本が寒い…なんていう日がありました!
その日は岡山県でも初雪を観測…
県北では12cmの積雪だとかいうのをニュースでやっておりました…
「えっ?!」と驚くような日もあったりしますが最近急須の研究意外にも仕事が終わってから取り組んでいるのが大物作り!先生からも「自分が何㎏までの粘土ならきちんと扱えることが出来るか知っておく事も大切だよ」という言葉をいただきまして大物にもチャレンジ!紐作りで上げていけば超大物も可能ですが一塊の粘土から作るというお題でやっていおります。
学生の頃12㎏の粘土を使って壷作りに挑戦した記憶があったものの大切なのがこの「きちんと扱うことが出来るか?!」の部分で側面の下部に粘土が溜まって肉厚になっていないか?!手数をかけずに2~3手くらいで予定の高さまで挽けるか?!などなど大物も特訓中です…
[PR]
by kazbizen | 2008-11-25 20:59 | その他 | Comments(12)
Commented by Potter-Y at 2008-11-26 23:25
今度は壺普及推進委員会も作りましょうか。(笑)
大きさもさることながら、
2~3手で予定の高さはかなり高いハードルですね。
Commented by nonacafe at 2008-11-26 23:43
綺麗なカタチの大物、壺ですね!
この高台の小ささで2〜3手のロクロで挽き上げるなんて、
神業としか思えません。近い将来、陶芸界の大物になれます!きっと!
ところでこの壺は何kgくらいの土を使っていますか?
高さ40cmくらいはありそーかな?
Commented by kazbizen at 2008-11-27 20:13
>Potter-Yさん
そうですね~!壷普及委員会もいずれは必要になってくるかもしれませんね!(笑)
今の時代はなかなかご家庭に大壷なんて見ませんからね~!
そして手数!これは高さ40cmくらいなのですがまだ4~5手くらいはかかってしまっていますかね~まずは目指せ3手ですかね!
Commented by kazbizen at 2008-11-27 20:21
>nonacafeさん
ども!ありがとうございます~!
高さ正解です!40cmになります!使用した粘土の量は3.5㎏くらいになります。それから高台部分はこの写真を斜め上から撮影した関係でかなり小さく見えますが実際はそれほど小さいというほどでもないので挽き上げるのは苦ではないですよ~!
Commented by toyokoID at 2008-11-27 22:04
雪なんてふっとばせ~くらい、気持ちがすがすがしくなるような形ですね!
12キロの土の塊、きちんと扱ってあげて作品になり、土が活きるってことですかね、、先生の言葉がちゃんと反映してるところが、Kazbizenさんの素直な持ち味ですよね。そのデザインと個性も好きです!
こちらは、寒くなりましたね~とはいうものの、雪の結晶に出会うのはまだまだ・・・というところです。
Commented by 茶どん at 2008-11-28 19:59 x
普段は小さな物を作る人でも、時々は大きな物を作ってみることって、大切なんですよね。
訓練校にいた頃は気がつかなかったけど、いろんな物を作っているうちに、ダテや酔狂で大きな物を作るわけじゃないんだ、大きな物を作ってみないと気づかないことって沢山あるんだ・・・としみじみ思いました。
最近、小さくまとまった物ばかりつくる作家さんと話した時に「なんか違うんだけど…同じ小さな物でも、この人の作品はチマチマした小ささなんだけど…」と首をひねっておりました。小さな中にも宇宙を感じさせる作品は、やはり普段の取り組みがあってこそ出来るんですね。kazuさんの日記を読んで、胸がスッとしました!
Commented by kazbizen at 2008-11-28 20:32
>toyokoIDさん
どうもありがとうございます!
土をしっかり扱えることでまた自分の作品にも幅がでてくるといいますか…
十数㎏の粘土をきちんと扱えれるようになるのはもう少し先になってくると思いますがこれも毎日の特訓あるのみですかね!
大物でも自分の思い描いた美しいラインが出せるようにやっていきますよ~!
Commented by kazbizen at 2008-11-28 20:40
>茶どんさん
そうなんですよ~!大物を作ることで今まで気付かなかったことがいろいろ見えてきたりと!新たな発見が多いですかね!
さらに3㎏の土をきちんと扱えれるようになりましたら今度は1㎏の粘土を扱うのがものすごく楽になり成型にあたふたする事が少なくなりシルエットをじっくり客観視できる余裕も出てきたりと最近はさらにモノを作るという事が楽しくてしょうがない!といった感じですよ~!(笑)
Commented by miri45 at 2008-12-01 07:31
大物!いいですね~~~♪
これが2手、3手で・・・やはりすごいです(^o^)
きちんと扱う!とても大切なことなんですね、それが作品に表れて~~
人の心を動かすんでしょうね・・・・楽しみです~~♪
がんばってください~~~
Commented by kazbizen at 2008-12-02 19:48
>miri45さん
いえいえ…
まだこのくらいの大きさの花器なんかでもは2~3手で上手く挽ける時と4~5手はかかってしまう時がありましてまだ安定して挽くまでには至っていないんですよ~(汗)
地道に特訓です!
Commented by mamari825 at 2008-12-05 11:43
どうもです(^-^)/
大物!しかも、3~5手ですか~?さすがですね!私はその倍…イヤ、倍の倍触ってしまって、結局は土にもてあそばれてしまいます(;_;)数…ですね~!
Commented by kazbizen at 2008-12-05 19:18
>mamari825さん
おひさしぶりです~!
自分も備前に来た当初はいろいろいじくって粘土に弄ばれていましたが先生から「手数をかけすぎると余計に形が崩れていくよ」
ということをよく指摘されまして改善中です…
line

陶芸家、大江一人の作陶生活をつづっています。 アパレルの企画を経て、備前焼作家のもとで6年間修行。日本の伝統工芸を生かしたモダンなうつわを作っています。


by kazbizen
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31