陶芸家・大江一人 『ロクロ生活』

kazbizen.exblog.jp ブログトップ

原点?!

b0096440_20323755.jpg

b0096440_2033666.jpg

b0096440_20335020.jpg

b0096440_2035155.jpg
自分がかつて美大受験の為の予備校に通っていた時の作品です。(10年くらい前でしょうか…)
鉛筆デッサン上より「ブルータス」「ジョルジョ」「パジャント」と水粘土による立体構成「とうもろこし、想定の布、任意の台」なんか懐かしいものが出てきまし…
先日陶芸の学校の同窓会に参加して昔を思い出したというわけではないのですがこれが自分の物作りの原点なのかな~と…
これから物作りをしていく上でデッサン力(物を見る力という意味で)は必ず必要になってくるので初心を忘れないようにと…(笑)
(こうして改めて過去の自分の作品を振り返って見ますとデッサンも立体構成もまだまだということが思い知らされます…)
今の自分の作品をより客観的に見れる方法探し中です…(汗)
[PR]
by kazbizen | 2007-05-28 20:53 | その他 | Comments(23)
Commented by miri45 at 2007-05-28 22:54
やはり!さすが~~っ!と・・・・
デッサンは芸術(美)に関しての基礎となるものですよね~~
振り返ることに気づかれたことが、一歩(ごめんなさい!)進まれたこと!
陶芸家として、ますますのご活躍を~~♪
Commented by forset at 2007-05-29 02:19 x
初めてコメントします。ぎゃらりーくれいの伊藤千穂さんの所で気
になってこちらのブログを拝見しました。
自分は来年瀬戸の窯業専門校を受験予定なのですが、kazbizenサンの様にデッサンが書けないと合格は無理なのか、と不安に駆られております。僕は今も昔も、全く美術には関係の無い職種です。
Commented by 茶どん at 2007-05-29 20:09 x
デッサンの土台があるっていいですよね~!

自分の作品を客観的に見る方法…わたしも知りたい(笑)
「色づかいが個性的よね」と、日本画を習っていた時も、日本刺繍教室でも、今まで散々言われていたのですが、どのへんが個性的なんだか自分じゃさっぱり分からなくて…^^;
でもこの前、ふと、刺繍教室のド真ん中に立ってクルリと教室を見渡した時に「あれ?色彩があそこだけ全く違う!」と思ったら、私の刺繍台でした(笑)。違うってことは分かったのですが、どうして極端に皆と違う色になるのかが分かりません。(笑)
Commented by kazbizen at 2007-05-29 20:31
>miri45さん
ありがとうございます!
そうですね~
やはり自分の中ではこれが基礎になってるんだな~といつも思います。
自分がデザインをしていく上での原点…
普段は忘れがちなのでたまには振り返ってみないとな~と思ってみました!(笑)
Commented by kazbizen at 2007-05-29 20:40
>forsetさん
はじめまして!
コメントありがとうございます!
来年訓練校受験されるのですね!
デッサンはどうなんでしょね~
自分も選考基準がはっきりとは分らないのでなんともいえないのですがご自身がいかに陶芸の道でこの先真剣に取り組んでいくかの気持ちを試験の時に面接で伝える事が大切なのかな~と思います。
試験に関してはいろいろなうわさもあると思いますがデッサンも筆記試験も面接も今の自分のありのままを表現できれば良いのでは?と思います。いきなり生意気な事を言ってしまって申し訳ありません…(汗)
また何かあったらお気軽にご質問ください。
それでは試験がんばってください!
Commented by kazbizen at 2007-05-29 20:45
>茶どんさん
ん~なかなか自分を客観的に見るのって難しいですよね~
デッサンなんかは当時鏡に映して見る方法を当時講師の先生から教えていただいたんですけどね~
なかなか難しいです…
それから感性!これもまた難しい…自分の中では「コレは標準!」と思っていたのが他の方からみたら「えっ!」て思われるような色使いやデザインありますよね~
そのうち「茶どんさんワールド」なるものを見てみたいです!(笑)
Commented by Potter-Y at 2007-05-29 21:23
デッサン、やっぱりちゃんと勉強してると違うんですね~。
それにしてもトウモロコシ、リアルすぎます。(笑)
粒の大きさも微妙に違ってるし、ひげの感じもリアルだし。
これを備前の土でっていうのはだめですか!?
Commented by toyokoID at 2007-05-29 21:42
すっご~い!凄すぎる!!Kazbizenさんの“原点ここにあり”ですね。
鉛筆でここまで描けるものなんですかあ・・。何ヶ月くらいかかったのでしょうか?
やっぱり物つくりの原点はデッサン力、突然思いついた週一習い事も間違ってはなかった・・かな??はあ・・・っとため息出ちゃいます。スケールが違う。私は今、椰子のみのボリューム感に悩んでます、トホホ。
とくにブルータス、カッコイイな。ジョルジュはちょっとなで肩ね・・・ってそういう事でない!?とうもろこしは、本物かと思いました。
私も頑張りま~す♪

Commented by yaduki-sion at 2007-05-30 08:26
す・・・すごい・・・。
天は二物も三物もkazさんに与えちゃったんですねえ(笑)
デッサン・・・・訓練校受験のときに、ちょこっと練習したくらいで、基礎もなにもない私にとっては、非常に苦手分野です。
でも、オリジナルを描けと言われるよりは、見て描きなさいと言われるほうが気が楽かもしれません^^;
Commented by ころり at 2007-05-30 17:35 x
お上手ー!
かなり書き込むタイプですね(笑)
私も書き込みすぎて真っ黒にしてしまうタイプです。
私はデッサン嫌いな芸大生でした。
未だに絵はヘタクソです。
Commented by kazbizen at 2007-05-30 19:53
>Potter-Yさん
どうもありがとうございます
トウモロコシは確か批評会でも好評だった記憶がありますのでまずまずの出来だったのかもしれません!(笑)
ただし「トウモロコシをこれだけ作り込んどいてこの布とこの台は無いだろ~!」みたいなことを当時言われた記憶があります…
(こうしてみると布と台に躍動感が全然ないです…汗)
それから備前の土でももちろん出来ますかね~!
たまには遊びでミニトウモロコシの箸置きなんかいいかもなどと…(笑)
Commented by kazbizen at 2007-05-30 20:02
>toyokoIDさん
どうもありがとうございます!
たしかこのくらい描けるようになるのに3年くらいかかりました…
(この石膏デッサンは6時間~8時間くらいかけて描いたと思います)
子供の頃から絵画を習ってたわけでなく高校3年の受験前から始めて2年間浪人してひたすらデッサンや色彩構成、立体構成をほぼ毎日朝から晩までやっておりました…
たしかにデッサン力大切ですよね~
当時から講師の先生にデザインをこれから先もやっていくなら今きちんと身に着けておくようかなりきつく言われましたよ~
そしてこのデッサンの中ではブルータスがまずまずのお気に入りですかね~!(難点はあるのですが…笑)
Commented by kazbizen at 2007-05-30 20:08
>yadukiさん
デッサンは多分誰でも2、3年くらいやればこの程度のものはすぐ描けますよ~!(始めた当時はめちゃめちゃヘタクソでしたよ~笑)
自分もオリジナルとか空想のデザインとかは苦手でしたかね~
(イメージとかはあるのですがなかなか表現しきれないんですよね~宮崎駿さんとかは当時からほんとすごい世界観持った方なんだな~と感心していましたよ~!いつかああなりたい…と思ったときも…笑)
Commented by kazbizen at 2007-05-30 20:15
>ころりさん
そういえばころりさんは芸大生だったんですね!
自分も真っ黒になるくらいまで描く時もありまして講師の先生から「ここから(色を)抜く作業を覚えろ」といわれましてひたすら練りゴムを使って描くことを覚えましたよ~
そういえば訓練校にも石膏があったので一回くらい書描いてみればよかったかな~と…
たまにはデッサンもいいですよね~
Commented by natsuko419 at 2007-05-30 22:09
高校からひたすら描いてたけど。辛口コメントを沢山もらった記憶がー
メディチは男前
パジャントの髪型が嫌いでした(笑)邪馬台国みたいで。
ぼんやりしてるとか、どうしてこう見えるの?とか
デッサン力羨ましい限り
Commented by kazbizen at 2007-05-31 19:38
>natsuko419さん
そういえばnatsukoさんもデザイン系の学校でしたよね!
講師からの辛口コメントはどこも一緒なんですね~!(笑)
そしてパジャントの髪!確かに大変ですよね~
自分も描けるようになるまで苦手でしたよ~(笑)
Commented by natumikan52 at 2007-05-31 23:53
すごい!!
こんな才能もあったのですね~~♪
デッサンなんって 殆ど描いたことがありません・・・。
とうもろこし 本当にすごい!!
でも、 kazbizenさんの ロクロの作品を見ると
とても きれいで 丁寧だと思っていたので
やっぱり!!という感じです♪
Commented by nonacafe at 2007-06-01 06:14
ひや〜!ナツカシ〜イ!石膏デッサン。ブルータス、ジョルジョは
何度か描いたけれど、パジャントは描いたことなかったかも?
これ木炭ではなく鉛筆ですか?にしては柔らかくいいムードで
ウマイです!!!評価はずばり!A!!
とうもろこし、否、トウキビ。これは=陶器美と言って
すぐれた陶芸家に成就できる近道の課題なんですよ!非常に◎いや花マルです!(笑)
昨年、陶器美めざして、小生もスケール小さい箸置き作ったけれど。磁土でしたが…。(笑)
ことしはライバル心燃やして原寸大トウキビ作っちゃおうかな?備前土で…(爆)
Commented by concept-if at 2007-06-02 19:21
デッサン上手でびっくりしました^^
陶芸の前は、絵画を勉強されていたのですね。
水粘土のとうもろこしも、一粒一粒再現されていて・・・。
細かい丁寧な作業で、こちらもすごいと思います。
さすが~ですね♪
Commented by kazbizen at 2007-06-02 19:49
>natumikan52さん
どうもありがとうございます!
そうですね~
デッサンは18歳~20歳くらいの時に美大(芸大)受験の時にかなり必死になってやりました!(笑)
今思うと自分の物作りの原点がここにあったのかな~と懐かしんでおります。
Commented by kazbizen at 2007-06-02 19:53
>nonacafeさん
評価A!ありがとうございます~!(笑)
nonacafeさんもかつてはやっていらっしゃったんですね!
このデッサンはすべて鉛筆によるものです。
それから陶器美(トウキビ)まで花マルいただきましてありがとうございます!(大笑)
Commented by kazbizen at 2007-06-02 19:57
>concept-ifさん
どうもありがとうございます!
デッサンは集中して3年間かなりやりこんだかんじですかね~
それからはコレをベースにデッサン力をさらに磨いてきました!(笑)
陶芸をやる前までは他のデザインの仕事をしていましてそこでも少しはいかされたかな~とか思っております。
これからもデッサン力さらに磨いていかねば!ですかね!
Commented by hilaling at 2007-12-05 19:04 x
さかのぼってこんな所から失礼!
今年の5月に岡部嶺男展に行ってんです。
そこで知ったことですが、
彼はロダンの彫刻に影響された様ですね・・・。
それぞれのバック・ボーンって面白なと感じたんです。
kazbizenさんのデッサンも陶芸に影響しているんですね・・・。
なるほど・・・。
『デッサン力』か・・・。

独り言に近い書き込みですが、モチベーション上がっちゃいました。
今から陶芸教室に行くんですよ。
すっごくやる気でてきた、ありがとう!

line

陶芸家、大江一人の作陶生活をつづっています。 アパレルの企画を経て、備前焼作家のもとで6年間修行。日本の伝統工芸を生かしたモダンなうつわを作っています。


by kazbizen
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31