陶芸家・大江一人 『ロクロ生活』

kazbizen.exblog.jp ブログトップ

備前焼の魅力?

b0096440_190309.jpg

またビールネタにしてしまいました。(季節的にもなんとなく…)
最近お店にいらっしゃるお客様は備前焼のビールカップを探しに来られる方が多いようなかんじがします。中には備前焼のビールカップよりも透き通ったグラスで飲むのが一番という方もいっらしゃいますが…。
備前焼で飲むとおいしいと一度は聞いたことがある方もいらっしゃいますでしょうか?
備前焼については科学的にもいろいろ解明はされているみたいですがまだ解明されたいない部分も多々あるようです。(備前焼の花入れは水が腐りにくて花が長持ちするなど…)自分もその魅力に引き寄せられたひとりです。これからもその魅力にはまって?がんばっていきます!
[PR]
by kazbizen | 2006-07-15 19:19 | その他 | Comments(13)
Commented by マツダ at 2006-07-15 20:43 x
僕はグラスもビールのおいしさの重要な要素だと思います。
料理も器で変わりますよね。           備前焼のビアグラスは家でビール飲むときにはかかせません。
もう少し薄いのを次は作りたいです!
Commented by kazbizen at 2006-07-15 21:03
>マツダさん
やっぱりグラスも大事ですよね。
気分的にもなんかおいしいような気がしてしまいます。(自分の場合…)
それから作られたビールカップ活躍しているんですね。
薄くて軽いのはやはり難しいんですけどまた機会がありましたらがんばってみますか?(笑)
Commented by ceramistbamboo at 2006-07-15 21:26
備前にかぎらず、焼締めのカップはビールがおいしいですよね。
(グラスはガラスのことなんでカップのほうがいいと思う)
やはり表面のザラザラで泡が細かくなるみたい。
ガラスでもすりガラスは泡立ちがいいですよ。
泡立ちがいいと泡が最後まで消えなくて
ビールの香りが逃げないのも美味しい要因みたい。

花入は、少しだけ水を濾すと花入の表面の水分の気化熱で
水が冷やされ腐りにくくなるみたい。
ちなみに素焼きの器に水を張っておくと
気化熱で夏場でも水が冷たいですよ。
ただ水が染み出てきますがね。
Commented by kazbizen at 2006-07-15 22:57
>先生
すりガラスですか!
自分はまだ試したことがないので機会があれば試してみます。
それからやっぱりあの泡立ちでおいしさを閉じ込めておくようなかんじなんですね。
花はなかなか自分の家では生けたりはしてないのでお店でしか確かめていないのですが気化熱の影響だたんですね。(なんか先生には教わってばかりです。笑)
Commented by nodacchi21 at 2006-07-16 21:05
すごく気になる。
「うまいな~」と言ってる人は誰ですか?
Commented by akane at 2006-07-16 21:13 x
今日名古屋三越行く機会があったので
みてきたけど箸置きなかったよー。
ノリ○ケやウエッジが多くを占領していたような。

備前は魅力満載ですね。
Commented by kazbizen at 2006-07-16 21:38
>nodacchi21さん
そ、そこに目をつけましたかぁー!
この方はうちの窯元で窯焚師(字はこれであっているかは微妙…)として活躍されている方です。よく近所で草むしりをしている姿を見かけます…
本業はいったい何?!という方です。
それから別件で、昨年京都!行きましたね!ちょうど今くらいの時期でしたっけ?河井寛次郎記念館とか!懐かしい…


>akaneさん
うーん。現品は置いてなくて三越のギフトの本っていうのかな?それの¥2500のに写真が載っているんだけど分かりづらいのかなぁー。
その他にもうちの商品がいろいろ載っているんだけど。またそのギフト本の名前今度調べとくよ。(機会があれば写真アップするね)
Commented by ceramistbamboo at 2006-07-17 21:57
ちなみに前出のカップは如何程で売るの?
ちょっと参考にしたいんで。
Commented by kazbizen at 2006-07-17 22:09
>先生
胡麻が¥2100、桟切りが¥3600、緋襷が¥1500ですが焼け色によって若干値段が変わります。あとうちの窯元ではこの価格なのですが作家さんによって胡麻を重宝される方桟切りを重宝される方とまちまちで価格設定もそれぞれなので参考になるか微妙です。
Commented by ceramistbamboo at 2006-07-17 22:30
思ったより安いんだね。でもこれは窯元直販価格?
Commented by kazbizen at 2006-07-17 22:38
>先生
そうです。窯元直販価格です。(自分も他の窯元をまわりましたがうちのこのビールカップの価格帯は平均的なのかな?桟切りは少し高いかも…という気がしました)
Commented by kazbizen at 2006-07-18 13:13
>先生
ビールカップの値段に訂正がありました。
桟切り¥3150、緋襷¥1575でした。
Commented by ceramistbamboo at 2006-07-18 21:52
TAXがつくもんね!
line

陶芸家、大江一人の作陶生活をつづっています。 アパレルの企画を経て、備前焼作家のもとで6年間修行。日本の伝統工芸を生かしたモダンなうつわを作っています。


by kazbizen
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30