陶芸家・大江一人 『ロクロ生活』

kazbizen.exblog.jp ブログトップ

芸術の秋

b0096440_1820552.jpg
何かとバタバタしておりまして久々の更新となりました。すっかり秋も深まってまいりまして訪れたのは岡山市内にありますこちら林原美術館です。
b0096440_18212950.jpg
b0096440_18214654.jpg
お目当てはこちら!
国宝 志野茶碗 『卯花墻(うのはながき)』
芸術の秋?ということもありまして国宝茶碗を観賞してきました。
b0096440_1822710.jpg
ここ林原美術館からは見えますでしょうか?岡山城も眺める事も出来ます。
晴天にも恵まれまして気分転換にもなり最近はなかなか美術館に足を運ぶ機会が無く久々に良い刺激をもらいました!
皆様はこの秋いかがお過ごしでしょうか?
[PR]
by kazbizen | 2009-11-04 18:38 | その他 | Comments(10)
Commented by Potter-Y at 2009-11-04 22:14
茶器には疎いですがさすがにこれは知ってました。(笑)
市内にこんな美術館もあったんですね。
Commented by toyokoID at 2009-11-05 21:53
三井さんは、実にたくさん美術品を持っていらっしゃいますよねー!
国宝の志野茶碗、どんなんだろ♪実際手に持ちたいけど心臓に悪そうです。(持たせないから大丈夫だって・・・)陶芸会でも、志野茶碗好き・お茶やってる人が多く、茶会にMY志野茶碗登場します。手になじむ感じのものって、やっぱりむずかしいですよねー。林原美術館、落ち着いたたたずまい、行ってみたい♪
Commented by kazbizen at 2009-11-06 20:49
>Potter-Yさん
実は自分も茶器には疎いです…(笑)
うちの先生が茶道をやられているのでいろいろ話をうかがうことが出来ましてそれで少しずつなのですが興味を持ってきたところです。
そして林原美術館は全国的には知名度そうなんでしょうか?自分も岡山に来るまで知りませんでした(笑)
Commented by kazbizen at 2009-11-06 20:53
>toyokoIDさん
自分もこの茶碗!手にとって見てみたい!
という衝動にかられました!(笑)
やはり手になじむ感じって難しいですよね~
自分も茶碗ではないのですが手になじむ感じのデザインのもの研究中です!
Commented by miri45 at 2009-11-06 22:42
芸術の秋ですね~~♪
林原美術館<知らなかった私ですが(^^ゞ
趣のある素敵な美術館ですね~
美術館を見に行くだけでも良さ下で近くなら絶対何度も足を運んでいるかも・・・そして茶室(ないかも?)でこの茶器で一服頂戴したいなんて妄想していますが(笑)
Commented by kazbizen at 2009-11-09 18:18
>miri45さん
自分も岡山に来るまで林原美術館知りませんでした(苦笑)
周りには岡山城や後楽園もあり素敵なところです。
東京都内住んでいた頃には近場に美術館や博物館が多数あり足を運んでいましたがこちらでは美術館も少なくありがたい貴重な美術館のひとつです!
Commented by nonacafe at 2009-11-10 23:18
ご無沙汰しちゃってます。
国宝の志野茶碗 『卯花墻(うのはながき)』は
三井で観たことあります。もちろんガラスの中、触れませんでしたが。
たいしたことない垣根の絵付けなのに国宝ですもんね…なんて
ホザイてみたりして…。あらら、小生は国賊もんですね。(笑)
でもこちらの美術館も国宝級のお屋敷ですね。お城みたいです。
展示は広間とかの畳の上だったのですか?雰囲気合いますね。
Commented by kazbizen at 2009-11-11 19:08
>nonacafeさん
そうですよね~
そちらではやはり三井記念美術館でご覧になられていますよね!
また帰省した際には時間があれば美術館巡りする予定です!
それから展示場所はこういってはなんですが畳の上などではなく普通にガラスケースに入った状態です(笑)
Commented by natsuko419 at 2009-11-15 12:22
ごぶさたです!

岡山は古い建築を使った美術館がおおく残っていていいですね!
日本の建物独特の黒くしっとりした柱や廊下はなんだか落ちつくのでだいすきです。
Commented by kazbizen at 2009-11-15 18:40
>natsuko419さん
そうですね~!
古い建築物を使ったものって確かに多いなっ!て自分も岡山に来て感じました!特に倉敷ですかね!(落ち着くのは日本人ならではの感受性なんでしょうかね?!)
自分の住んでいます備前も備前焼の窯里の雰囲気を大切に後世に残していってもらいたいと思っていますよ!(平安時代から続いています備前焼!窯里の風情もやはり大切にしていきたいですね!)
line

陶芸家、大江一人の作陶生活をつづっています。 アパレルの企画を経て、備前焼作家のもとで6年間修行。日本の伝統工芸を生かしたモダンなうつわを作っています。


by kazbizen
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30